微妙商材

簡単な文章を書いて楽々副収入(書き方教本)/前山 賢一 /評価・レビュー・評判・口コミ



http://t-write.yuiai.com/


指図通りに文集を書き、それを送信することで
報奨金を得る仕組みです。





という、
人気がある内職という要素を、前面に押し出したマニュアルです。



文章作成能力の高い低いは関係ない。
というのですが、
文章でお金を得るというのは、その文章から何らかの
メリットが、お金を支払う側にあるので、成り立つものです。





つまり文章を書いてお金を手にいれるとなる。文章能力などは関係ないと
なると、音声からの文章化。などの作業と考える事が、最もスタンダードな
考えとなります。






ネットビジネスにおいて、必ずという点はかなり信用してはいけない
言葉となります。




例えば、こういった意味かもしれません。
仕事を請け負える事になった。依頼された文章を書いたら、必ず収入に
なりますよ。




これならば、確かに、「必ず」となりますが、その代わり、
仕事を請け負うという
一つの作業が必要となります。

結局、自分でアクションを起こし、自分で、その仕事を探してくる必要がある。
というパターンもありえます。


そうなると、だいぶ、一般的なインターネットビジネスに近くなってくると思います。



そうなると、
安定的な収入という面からみるとだいぶマイナス要素が
強くなると判断できます。








という事は、どのような人の文章でも良い。
そうなると、ビジネス的要素があるような文章ではない。




一つの仮説です。
結構メジャーになっている一つの内職を、ベースとして仮説を立てる
ならば、確かに収入にはなるが、一つの仕事の単価は数百円。
そして、その仕事は、一度請け負えば、同会社からの仕事はできない。





つまり、量をこなしたいと思っても、量をこなせない。
小学生のおこずかい程度の収入にしかならない。
こういったものである可能性が高です。




そうなると、このマニュアルの代金を回収するだけでも、数ヶ月かかって
しまう可能性も、結構ある。





では、実際に内容を拝見したいと思います。




※実際に手元にファイルがある証拠を提示



さて、それでは、拝見していきます。

読んで行きますと、段々と嫌な予感がしてきます。
というのも、
私が以前、レビューして、”微妙”と判断させていただいて
あるマニュアルと内容が、かなり違いという感じがします。





おそらく、考え方としては、ほぼ一緒だと思います。
しかし、その中にも、稼げるような違いがあるならば、評価は変わります。




最後まで拝見しました。
ええ。
以前レビューしたものと、ほぼ、同内容のものです。
もう、この段階で、”微妙”という判断は決定です。





まず、この方法で稼げる事は、稼げるかもしれません。
しかし、そのラインに持っていくには、それ相応の作業量が必要となり
それなりの収入(それでも、数千円程度です)になるには、それなりの
努力が必要となります。




場合や、選択によっては、その作業量を省き、収入にする事もできる
事もありますが、それは、先ほど、お話したように、1度その仕事をすれば
当分、仕事が回ってこない。つまり、まとめたお金にする事はできない。
小銭稼ぎ程度にしかならない。




そして、調べて行くと、利用する場所毎に、稼げている人のデータが
公表されています。すると、セールスレターでは書かれている




月に3万円前後の副収入でよろしければ十分に可能です。



というのは、ドがつく嘘である事が判明します。
といのも、これに該当する人は、利用する場所1箇所のデータを見ると
1人しか該当する方がいません。




そのようなビジネスモデルであるにも関わらず、”3万円は十分に可能”
という表現には、かなり間違いがあると判断してよいと思います。





そして、そもそも、このビジネスモデルを私は、好みません。
労力と収入が、見合っていないためです。




常々、私はお話をしておりますが、インターネットビジネスにおいて
アルバイトをするよりも、時給換算して、低くなってしまう事が
多いようなビジネスモデルは、やる価値が無い。




インターネットビジネスは、ただでさえ、労働量=収入
といった形にならないものですから、
労力<<<収入というモデル
になるような要素が含まれていないビジネスは、やる価値がない

思っております。




以上を持ちまして、このマニュアルでは、稼げる事はできない。
稼げるとしても、がんばって、数千円が良い所です。
それを稼ぐのに、毎日の作業が必要。そういったレベルです。




やる意味と価値はないと判断します。
しかし、収入になる確率もあるという点を考慮しまして、判断は
「微妙」とさせていただきたいと思います。




最後までお読みいただきありがとうございました。


KSK




design テンプレート